・治療×バスケ×だんじり×動画編集を発信します!・

インカレ2回戦。VS専修大学。

近畿大学体育会バスケットボール部は、初戦となったVS新潟経営大学に勝ち、一日空けて、本日2回戦目となるVS専修大学。

どうも、東京の寒さと人の多さを舐めてたお陰で、やや人酔い気味の治療家×映像クリエイターの吉田です。

インカレのため、東京にきてはや2日。宿泊先の宿の回りも、そして移動中も、人、人、人だらけ。笑

会場へ行くまでも一苦労です。笑

▲会場の中は、こんなかんじ

インカレの山場となる2回戦目。昨年においても、この2回戦の壁が大きく、2回戦突破はチームにとっても、全力で超えなければいけない壁です。

▲会場に貼られている男子トーナメント表

右上に近畿大学が、振り分けられています。

昨日の晩に、チーム全体ミーティングを終え、緊張感を程よく持って、良い雰囲気で本日を迎えれました。

▲専修大学戦前夜の全体ミーティングの風景

ミーティングを終え、各選手のケアをし、就寝。

▲マネージャーが作ってくれたモチベーションビデオを試合直前に全員で見る。そう、皆超興奮状態!笑

マネージャーたちのサポートも、ひじょうに手厚く、選手たちのバックアップをしてくれています。

インカレ2回戦。VS専修大学。

結果。

▲87-76で、惜しくも近畿大学lose。
▲各選手のスタッツ

専修大学を相手に、決して引けをとらない試合。

また、僕がツラツラと書くよりもこっちを、紹介しますね!笑

▲1Qから3Qの戦評
▲4Q目の戦評

負けたことには変わりはありませんが、本当に悔しいの一言。チーム全員、でベクトルを合わせたからこそ、心の底から勝ちたかった。

もちろん、僕は選手としてではなく、メディカルトレーナーという立場ですが、そんなの関係なく悔しいですよね。

ただ、言えることは、近大バスケ部のみんなはバスケットを全力で楽しめていて、選手間同士、学年も関係なく仲が良すぎる!

選手間はもちろん、学生コーチ、マネージャーも。

だからこそ気兼ねなくチームのために、また個人のために、全員が同じベクトルで指摘しあって、全員で解決していく。

まさに、全員バスケ。

もうこの環境だけでも、全国トップクラスなんですよね!このチームに携われるのにも、本当に感謝です。

明日からは、通常業務に戻るため、終電での帰阪です!


治療家×映像クリエイター
吉田 翔伍