・治療×バスケ×だんじり×動画編集を発信します!・

成長期の男の子と女の子が抱える「腰痛」の違い。子どもの男女の腰痛は同じものでないお話。

バスケ選手によく起こることが多い“足首の捻挫”。NBAのレイカーズでは、レブロン・ジェームス選手から始まり、合計3名の主力選手が“足首の捻挫”で故障者リスト入り。捻挫は一般の方でも身近に起こるケガの一つですよね。

”たかが捻挫“ですが”されど捻挫”。

スポーツをする上で、捻挫の予防・リハビリの重要性が、広く認知されることを期待して行きたいと思います!

どうも、息子の就寝後に行う自宅治療室での“夫婦治療会”を楽しみにしながら寝落ちするのが得意な治療家×映像クリエイターの吉田翔伍です!

夫婦ともに鍼灸治療を心底愛する治療家なので、出来ることなら毎日、“夫婦治療会”を実施したい所なんですが、僕自身の睡魔に打ち勝つことが少ないんですよね。笑 なので、やんちゃな息子を早く寝かしつける努力に、力を注いでいくことから始まりますよね!笑 

本日、毎月楽しみにしてる渡邊カット!!美髪師のわったんにご依頼!お互い中学生・高校生の頃からだんじり一緒にしてて、いつのまにか、会話が仕事の話やら家族の話やらになってますよね!会話も大人の階段登ってるんでしょうかね?笑

▼ミーハー代表として鏡越しの一枚をパシャり

わったん、ありがとうね〜!!

さて、昨日の記事では、成長期のジュニア選手と成人以降の一般選手の「腰痛」は、まったくの別物であることを、さくっと書いてみました!

まだ、読まれていない方は、こちらのリンクからとんで読んでもらえれば幸いです( ^ω^ )

本日の記事では、成長期のジュニア選手の中でも、「男の子」と「女の子」
の腰痛について、書いてみたいと思います!

指導者を悩ます、成長期の男の子と女の子が抱える「腰痛」の違い。

そもそも子どもの体とは医学的な観点からみても、当然ながら違いがあり、大人の体をそのまま小さくしたものではない、そんなのわかっとるわぃ!っていう感じかもしれませんが、具体的になにが違うのか?

それは、成長ホルモンが体に出ている”量と時間”との差になります。

もっと、噛み砕いてお伝えすると、“体のサイズが大きくなっている最中“なのか、あるいは”体をマッチョ(女性の場合は、女性らしい曲線美)にしている最中“ののかの違いです。

一般的に、人間の体が一年の間で最も発達する率が高い年齢は、男性では13歳前後、女性では10歳前後なんですね。この背景に、成長ホルモンのもととなる女性ホルモンが体に出る量とタイミングのギャップにあります。

「女性ホルモン」という名称が付いていますが、男性の体にもでているもので、骨と筋肉の成長バランスを大きく崩れたことによる“成長痛”を招く、一つの要因となるんですね!

成長ホルモンの簡単な前置きは、書きすぎてしますので、これくらいにさせてもらいます。笑

では、実際に成長期の男の子と女の子と身体的な特徴の話に移りましょう。

この成長ホルモンの量を左右する原因のひとつは、実は「日頃の日常的な運動量」なんですよね。なので、日常的な運動が体の成長には欠かせない理由がこれなんです。

しかし、過度な運動量(練習量)、つまりオーバーワークでは、この成長ホルモンのバランスが崩れ、常に覚醒状態に陥ったり、逆に常にぼ〜〜〜〜っとしているようなかんじになってしまします。この症状は男女ともにみられます。

さらに、この成長ホルモンは筋肉を硬くしてしまい、いわゆるガチガチな体、体がかたいな〜、っていう身体に誘導されてしまうことが多いんですね。

▼成長に悩む?息子

これに加えて女の子では、ホルモンバランスが崩れると、月経(生理)が始まる年頃であっても、いわゆる生理不順であったり、PMSと言われる月経時の症状が強くなる原因になります。

さらに、女の子は男の子に比べると、「関節」は柔らかい性質があるので、少し極端にいうと、男の子より関節がグニャグニャな状態ということ。

なので、成長期の男女の腰痛、特に女の子の腰痛は「運動量」と「ホルモンバランス」の改善もする必要があるのかな〜と、日頃の診療でも感じさせられます。

この「運動量」と「ホルモン」のバランスは、身近に感じ取ってもらえる環境があるのか、そして、その後改善するために治療を受ける環境があるのかどうかで変わり、成長期、特に思春期の年代では、この2つのバランスが崩れてくると、「笑うこと」が少なくなる傾向があります。

家庭や部活動中にでも、先生やパパママも一緒になって、身体の調子について笑いながら、話できる環境が増えたらな〜と、願う今日この頃。

ジュニア選手の腰痛だからこそ、いきやすい治療院でしっかり治療してもらいましょうね!

今日は少しいつもより、書きすぎた感はありますが、成長期のジュニア選手が抱える腰痛は、身体のいろんなことを表す“SOSサイン”。

笑いながら、楽しくできる部活が一番ですよね〜!

本日はこのへんで失礼いたしますっ!!

ーーーーー

ハリとお灸と手で、東洋医学的に「気・血」の巡りを改善したうえで、西洋医学的な局所治療を行い、コンディショニングを整えます。

また、同じ鍼灸師でもある妻と鍼灸治療を心から愛し、体質改善誘導治療や美容鍼灸をはじめ、赤ちゃんを授かる身体づくり“妊活”のお手伝いを行います。

プレ花嫁の美容鍼灸から結婚式用ムービー作成まで行う治療家です。

ご相談を頂く前に、僕がどんな人間なのかをSNSやブログなどで知ってもらえたら、スムーズな治療・映像制作ができると思いますので、ご覧頂ければ幸いです( ^ω^ )

自分が好きなものばかり載せてる、Instagram。

治療×映像制作×バスケ×だんじりの情報発信は、Facebook。

日常の出来事・ぼやきなどは、 Twitter

治療家×映像クリエイター

吉田 翔伍

ーーーーーーー