・治療×バスケ×だんじり×動画編集を発信します!・

どうやって361箇所もあるツボを刺激する?ツボの場所を調べた後のセルフケア。

1月 9, 2019

日本人史上2人目のNBAプレイヤーの渡邊雄太選手(グリズリーズ所属)が、日本人史上1人目のNBAプレイヤーである田臥勇太選手(栃木ブレックス)のNBA出場試合数記録・4試合に並びましたね!そんな記事はこちらからどうぞ!出場時間数と得点数も記録が塗り替えられ、今後の活躍もさらに期待して行きたいと思います!!

どうも、最近テレビでも東洋医学について取り上げられることが多く、もっと一般の方に東洋医学が身近に感じてもらえたらな〜と心そこから思う治療家×映像クリエイターの吉田翔伍です!

本日も林先生の番組で東洋医学や鍼灸治療について取り上げてもらっています!視聴率100%であることを願います。笑

本日は、卒業生が多忙な時間を調整して顔を見せに来てくれました!

▼元ゼミ生と教え子とパシャリ!

卒業するときは、”おめでとう”とか、”仕事がんばれよ〜”というのはもちろん、言います。しかし、それより僕が一番ゆうのは、早く臨床の治療のしような〜!といいます!一緒の治療家として、お互いの意見交換ができたらと思います!!ありがとうね〜!

で、本日の記事について。来て頂いたクライアントさんへ、治療後に自宅で行うセルフケアの指導の一環で、関連するツボを刺激しましょう!とお伝えします。その際にもすごく多い質問があります。それは「どうやって自分んでツボを刺激すんの?」と。ではそれを紹介しましょう!!

どうやって361箇所もあるツボを刺激する?ツボの場所を調べた後のセルフケア。

肩こりに効くツボ。腰痛に効くツボ。冷え性に効くツボ。生理痛に効くツボ。などなどたくさんメディアで取り上げられたり、雑誌で紹介されていたりと。

鍼灸師はもちろん、このツボに対して”ハリ”や”お灸”を使用して刺激していきます。

しかし、一般の方はそんなすばらしいツボの場所をしっても、もちろん”ハリ”や”お灸”は使用できないですよね。刺激方法が不適切であれば、効果はあんまし出てこない可能性が高いので、もったいないな〜と思うことがよくあるんです。そこで、自分で行うツボの刺激方法をお伝えしてきます!

①指で刺激する。

②ペンの先で刺激する。

③爪楊枝(つまようじ)で刺激する。

④カイロで刺激する。などなど。

さくっと説明していきますね!

今日は”合谷”(ごうこく)というツボを用いて説明していきますね!

まず合谷はここ!

▼人差し指のコブシの近くにある”合谷”(赤色の丸印)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここに簡単な方法でツボを刺激していきます!

①指で刺激する。

▼反対の手指で合谷を刺激する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もっとも王道のやり方ですね!ただただ痛いだけの刺激はNGなので、ほどよく心地いいな〜という力加減でやってみてください!

②ペンの先で刺激する。

ボールペンで刺激

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これも意外とよく効きます!これはボールペンで刺激していますが、ペン先は収納して当ててくださいね!この場合は、皮膚にあたる面積が少ないので、色々押してみて、一番”痛気持ちい”ところを押してくださいね!

③爪楊枝(つまようじ)で刺激する。

10本の爪楊枝を輪ゴムでもとめたもので刺激。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これをあっぷで見てみると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなんです!めちゃくちゃ簡単なものになります。なんとなんと、びっくりしたというか嬉しかったのが、林先生のテレビでもこの方法が紹介されていたので、やはり効果がある方法なんだと再確認することができました!

これを強く刺す!ではなく、優しく押してあげるのも一つ。また、軽く皮膚が赤くなるまで、やさしく擦ってあげるのも一つ。んなバカなっ、て感じもあるかもしれませんが、効果はあります!

こんなかんじで、自分でもツボを刺激することが可能です!より本格的な治療を行う際には、もちろん鍼灸師の方に、”ハリ”と”お灸”と、後は”手”を使用する鍼灸院で治療してもらいましょうね!!

本日はいつもより少し、高揚した気持ちでブログを書くことができた吉田でした〜!本日はこの辺で失礼致します!

ーーーーー

ハリとお灸と手で、東洋医学的に「気・血」の巡りを改善したうえで、西洋医学的な局所治療を行い、コンディショニングを整えます。

また、同じ鍼灸師でもある妻と鍼灸治療を心から愛し、体質改善誘導治療や美容鍼灸をはじめ、赤ちゃんを授かる身体づくり“妊活”のお手伝いを行います。

プレ花嫁の美容鍼灸から結婚式用ムービー作成まで行う治療家です。

ご相談を頂く前に、僕がどんな人間なのかをSNSやブログなどで知ってもらえたら、スムーズな治療・映像制作ができると思いますので、ご覧頂ければ幸いです( ^ω^ )

自分が好きなものばかり載せてる、Instagram

治療×映像制作×バスケ×だんじりの情報発信は、Facebook。

日常の出来事・ぼやきなどは、 Twitter

治療家×映像クリエイター

吉田 翔伍

ーーーーーーー