・治療×バスケ×だんじり×動画編集を発信します!・

結婚式用の自作・ムービー制作を行うための3つのステップ。映像制作Q&A!

バスケットボールの冬の高校全国大会・WINTER CUP開催3日目。大阪代表の男子は昨日負けましたが、女子の大阪代表である大阪薫英女学院高校は第2戦目!僅差で勝利となりました!詳細が気になる方はこちらをご確認頂ければ、この試合のスタッツなどが一覧で見れます!この勢いのまま、上位へ上がっていってほしいですね!

どうも、前日のクリスマス・イブ、本日のクリスマスと家族で過ごせることが嬉しすぎる治療家・映像クリエイターの吉田翔伍です!

日頃の診療の中で、多く頂くことの多い質問をちょこちょこ投稿して、医療をより身近にかんじてもらえたらな〜と思います!よければ、これまで投稿したスポーツ愛好家のためのQ&A(Vol.1Vol.2)もご覧いただければば幸いです。

本日は吉田家・サンタプレゼントから始まりました!

じじ、じじ、ばばサンタからのプレゼント。パパママサンタはまでなんです。笑 遊びも全力でたのしむ男に育ってほしいと願います!笑

そして、朝一から自宅治療室の簡単なDIY。窓のスペースの有効活用と、寂しげな窓の部分を少しだけいじる。

みるからに、寂しくて、そのうえ寒そう。笑 より、暖かい雰囲気を目指して、、

外からの光が強く、若干暗く見えますが、だいぶ明るく暖かい雰囲気となりました!

夫婦でともに、治療で使う場所なので、より居心地の良い場所となるよう、ちょこちょこいじります( ^ω^ )

そして、お昼前に敏腕スタイリスト・渡邊直幸氏に依頼し、カットへ!彼は地元・だんじり祭りの後輩であり、ここ最近ずっと、カットするときは必ず彼にお願いしています!そんな、美容師としての渡邊の活動は、こちらのインスタグラムを見て頂ければ、僕が説明するより、うん十倍もわかると思うので、ぜひ!笑

一度、やって見たかった鏡越しの撮影。笑 わったん、ありがとうね!!

本日の本題へ!治療家としてだけではなく、映像クリエイターとして動画を制作することにも関わっており、まだブログを始めて数日ですが、数人の方から動画編集の相談などを頂き、嬉しい限りです。まずは、自分は何をする人間なのかを、知ってもらうことから始めれたらと思います!

結婚式用の自作・ムービー制作を行うための3つのステップ。

プレ花嫁・花婿さん、余興担当の友人など。一般の方が自作で動画を作成するなかで、多く遭遇する失敗パターンや成功パターンを紹介していきます!

①自作するメリット・デメリット

そもそもの自作することのメリット・デメリットについて。

メリットとしては、やはり費用面と時間面ではないでしょうか。高額な結婚式費用を確保するために、節約志向になるのは、みなさん同じ。しかし、ムービー制作にかける時間を確保できない方が数多くおられますので、そういった方は時間をお金で解決するというのも、決して悪くない選択肢です。

一方のデメリットは、制作時間と仕上がりの差。映像制作は100%技術・知識力が必要となりますので、始めて聞く単語、操作方法、さらに著作権など、制作途中でパニックに陥る方も少なくなありません。なので、長時間かけて制作した動画は、見る人が見るとどうしても手作り感が出てしまします。

なので、人生一度きりの結婚式で使用するムービー制作は慎重に夫婦で話し合ってくださいね!

②十分な仕上がりイメージを!

自作する場合は制作前に、より具体的な仕上がりイメージを持つ必要があります。しかし、実際、あまりイメージはわかないもの。そんな時こそ、必殺youtube!!笑 youtubeで「結婚式・ムービー」検索しまくってください!笑 たくさん載ってるので参考になりますよ!

③スマホで撮影時の注意点

プロフィールムービーで自身の生い立ちを紹介する際に使用する写真は、現像されている写真を使用することが多いので問題は少ないですが、新郎新婦の出会いから結婚の経緯を紹介するhistoryで使用する写真は、スマホで撮影されたものを使用することが多い傾向にあります。

ここで重要なのが、静止画であれ動画であれ、縦方向で撮影した写真ではなく、横方向で撮影した写真を使用する、あるいははじめから横方向で撮影する。これが重要です!実際に、それぞれがどんなかんじで仕上がるのか、視覚的なイメージを付加して説明します!わかりやすく、このブログ記事で使用した写真を用いて簡単にお伝えしていきます!

これが、縦向き写真を使用したときのムービースライド。あっ、渡邊氏。笑

で、これが横向き写真を使用した時。

ね? なんか、、、、、ですよね!笑 横の空白部分があんまりです。(空白部分の色は変えれますが。。。)

もともとの画質はどうであれ、縦方向のカットでは横の黒背景部分が大きく、写真の割合が少なくなってしまいます。この縦方向写真を横方向スライドに無理矢理はめこむことは可能ですが、非常に画質が落ちます。また、不自然なカットになります。なので、撮影時・使用時にはスマホの向きにご注意を!

最高の映像を作成するお手伝いができたらと思いますので、気軽になんでもご相談くださいね!本日はこのへんで、失礼します〜( ^ω^ )

治療家×映像クリエイター

吉田 翔伍


Instagram
、⬅︎好きなものの情報を発信

Facebook、⬅︎ブログ

日常のつぶやき→ Twitter